読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

港区の広告代理店に勤務中

インターネッツを使ってあらゆる角度で分析

「エルメスの手しごと展”アトリエ”がやってきた」から行って来た

素晴らしい商品を世界中に届けるエルメス

2016年度12月期の売上高は、前期比7.4%増と好調だったようで。

その中で働く職人さんがやってくるなんて聞いたら、観に行かない理由はないですよね。

ってことで、行ってきました。表参道ヒルズに。

20170317163744

 

平日14時にもかかわらず、人の多さにびっくり。

これ土日だったらどうなるんだろうってぐらいの混雑。

同じく職人として働くような方もいれば、大学生だったり、

おばあちゃん、おじいちゃんなど幅広い世代の人がいたなって印象。

どちらかと言えば30代以上の方が多かったかな。

中に入ると、ブースごとにいろいろな職人が日々実際に使っている道具で、

デモンストレーションしてました。ちらっと見えるだけでもカッコイイ。

人が多すぎて、鏡越しでしか見えずw

20170317163745

 

画像は実際に使ってる工具。工具付きにはたまりません。並べ方もおしゃれ。

20170317163448

 

時計職人ブースの隣にあった、時計のベルト。

時計職人は海外の方なんですが、それを日本語で説明してくれるお兄さんがイケメン。

20170317163450

 

入り口のディスプレイ。カッコ良い。製造工程と職人の映像が流れていました。

アトリエ入り口前ディスプレイ

 

和っぽいデザインのスカーフ。おしゃれっすね、ほんと

20170317163446

 

ネクタイのブース。

「この柄はなんていう柄ですか?」っておばあちゃまがご質問なされてました。

20170317163747

 

 皮革のブース。革の香りが漂ってました。

20170317163452

 

アトリエに降りて行く階段部分。

この後ろに写真撮影に最適な場所があって、スタッフさんが撮影してくれます。

たくさんの人が並んでましたよ。

アトリエ階段

 

表参道ヒルズ入り口はこんな感じ。 

アトリエディスプレイ アトリエディスプレイ2

 

アトリエでは、他にも下記の職人さんがいました。

・鞍職人

・皮革職人

・石留め職人

シルクスクリーンプリント職人

・縁がかり職人

・時計職人

・クリスタル職人

・手袋職人

・ネクタイ縫製職人

シルクスクリーン製版職人

・磁器絵付職人

 

これだけの職人がそれぞれでデモンストレーションをやってくれていたらしいのですが。。人が多すぎて全てを見ることはできず。。

 

私、エルメスというブランドは知っているものの、

正直、好きとか嫌いとか、そのような思い入れはありませんでした。

 

しかし、

今回の「エルメスの手しごと展”アトリエ”がやってきた」に行ってきたら、

不思議とエルメスというブランドの素晴らしさを感じることができたのです。

つまり、これってファンになってしまったってことで、

体験型イベントの役割としては十分だったわけですね。

 

マーケティングをしている以上、なぜそのことを行うのか?

背景を知ることがとても大事だなと。

今後もこのような人が集まる場所に、好き嫌いせず突撃していこうと思った一日でした。