読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

港区の広告代理店に勤務中

インターネッツを使ってあらゆる角度で分析

Yahoo!スポンサードサーチでキーワード別の配信結果を確認する方法(レポート版)

f:id:minajyo:20170404135602j:plain

Yahoo!スポンサードサーチでキーワード別の配信結果を確認する方法レポート版をまとめます。管理画面でそのまま確認する方法はYahoo!スポンサードサーチの管理画面でキーワード別の配信結果を確認する方法を見てくださいね。

 

「いや、レポート作成なんて面倒なことは無理!」と思われた方は、御社にぴったりのリスティング広告運用代行会社を探すことができるリスティング代行一括.jp をご利用ください。

 

①管理画面にログイン→スポンサードサーチをクリック

 

 ②レポートの三角ボタンをクリックしてパフォーマンスレポートを選択

f:id:minajyo:20170404131349p:plain

 

 ③新規レポートを作成をクリック

f:id:minajyo:20170404131657p:plain

 

④レポートの種類、表示切替、レポートの表示項目を選択

 レポートの種類

キーワードレポートを選択

 表示切替

シンプルにキーワードレポートを確認するので表示切替項目はそのままで進みます

 表示項目

ここは必要なデータを選択してください。私はいつもコンバージョン数のみを選択します。

 表示項目の並び替え部分は必要であれば変更してください。デフォルトのままで進んでも特に問題はありません。

f:id:minajyo:20170404132901p:plain

 

 

⑤レポートの内容を設定

 集計期間

取得したい期間を設定してください。今回は先月と設定しました

 表示対象

特定のキャンペーンや広告グループのキーワードパフォーマンスが必要な場合は選択してください

 フィルターをかける

必要に応じてフィルターをかけてください「含む」しかないのはなぜなのかは、そっとしておきます。

 作成方法

定期的に作成するレポートの場合はテンプレートも同時に作成しておくことをおすすめします。

 レポートで抽出する項目

デフォルトでインプレッションがない項目は含まない、になっています。デフォルトのまま進んで大丈夫です。

 レポート名

わかりやすい名前を設定しましょう。後々管理が楽になります。

 ファイル形式

デフォルトのままCSVを選択してください

 

作成をクリックしましょう

f:id:minajyo:20170404134011p:plain

 

 

⑥ダウンロードとファイル加工

⑤で作成ボタンをクリックすると、レポート作成が開始します。ダウンロードボタンをクリックしてファイルをダウンロードしましょう。

f:id:minajyo:20170404134322p:plain

下の写真がダウンロードしたcsvファイルです。コスト降順しただけです。

ピボットテーブルなんかを使うと様々な分析ができますので試して見てくださいね。

f:id:minajyo:20170404135442p:plain

「いや、レポート作成なんて面倒なことは無理!」と思われた方は、御社にぴったりのリスティング広告運用代行会社を探すことができるリスティング代行一括.jp をご利用ください。